GREETING

社長あいさつ

大屋建設工業は1952年(昭和27年)大阪市淀川区(当時 東淀川区)に誕生いたしました。以来、私たちは地域社会の皆様のお役に立てる会社を目指してまいりました。
今、世界では行き過ぎたグローバリズムは様々な問題を生み出し、もはや限界を迎えようとしています。その中で、日本は地方創生のあり方について見直すことが必要だと考えます。大屋建設工業では未来へ向けて人や技術に多様な投資することで個人、そして会社の成長に繋がり、それらの成長をもとに地域に根差し、地域の未来を牽引する会社となってまいりたいと考えています。
私たちは本来持って生まれた素直で美しい心や未知の力を社員全員で切磋琢磨することで育み、多様性を理解し合い手を取り合うことでより一層強くし、公に尽くす意識を高めることで今後も地域に輝く会社を目指してまいります。

2019/06/21
代表取締役社長 大屋正則

HISTORY

大屋建設工業㈱ 沿革
昭和27年 3月
大阪市淀川区にて大屋武義が大屋建設を創業
昭和35年 3月
大屋建設株式会社 会社設立
昭和43年 3月
大屋建設工業株式会社に社名変更
昭和43年 5月
製紙関係事業出張所開設
昭和47年 1月
レジャー部設立 岩武荘
昭和53年 8月
大阪市淀川区西中島に大屋ビル竣工
昭和54年 4月
大屋ビル竣工に伴い、本社を西中島(現所在地)に移転
昭和57年 10月
関連会社 ダイヤ資源株式会社 設立
平成5年 8月
土木設計部門開設
平成14年 3月
創業50周年を迎える
平成21年 1月
労働者派遣事業開始
平成24年 6月
介護事業部門開設